もっと長生きして、ずっと家族でいて欲しい。世界で最も長く生きた犬の年齢は30歳弱!

ギネスに記載される世界で最も長生きした犬は、オーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイです。ブルーイが暮らしていたのはオーストラリアのビクトリア州。1910年に家族として迎えられ、約20年もの間、牧牛犬として働き続けました。1931年11月14日に安楽死を遂げたとき、その年齢は29才と5ヶ月。この公式記録は、それから90年が経とうとする今でも塗り替えられていません。平均寿命は、犬種によっても異なりますが、10~14歳といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。